アルバローザだよね

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

原宿に世界初の路面店を開放させ、現在までよりも大人っぽく値段も高くなったアルバローザは「エレガンス・気軽」「リゾートカジュアル」「リゾート・モード」を3本柱とした独自のトレンドを次々に公表しています。

心象転換のための計画倒産の噂もありましたが、アルバローザを好んで着ていたギャル達の年齢が上がってアルバローザを卒業してしまい、売れ行きが落ち込んでしまったのがきっかけのようです。

渋谷の街を歩くと、赤いハイビスカスが印象的な服やアクセサリーを持った乙女に絶対1人は、すれ違う。

1975年にブランドを立ち上げたアルバローザはトロピカルなお花を主にモチーフとして「まるで太陽のようにとても健康的かつ、夕陽のごとくワイルドでそしてアダルトで、海風のごとくフレッシュ」なリゾートマインドのファッションを教授してきましたがあえなく倒産。

パリで認められてそして成功を掴み、新たに生まれ変わった「アルバローザ」は日本における凱旋でのファッションショー開催のときにはなんと!!2000人の観客の動員を記録しました。

渋谷のギャル系トレンドブランドだったアルバローザがお姉さま系になって今後の展開が満喫です。

10代の女の子に爆発的な高評価のあるアルバローザのアイテムです。

2006年にパリで、『アルバローザ・ブランド』の新しいコンセプトを「Luxury&Resort−mode」に転換すると公表。